ぐうたらファンライダー

スコ君の3歩進んで2歩下がる

KOGAキメラ3K組上げ

先日、KOGAキメラ3Kを1日かけて組上げました
f:id:QUIETMOMENT:20170628013427j:plain


組み立て工程を時系列にて。

コラム長はとりあえずデフォルトの長さで使うことに
f:id:QUIETMOMENT:20170628013505j:plain


BBはPF86なので、TOKENのBB841PSをチョイス
f:id:QUIETMOMENT:20170628013524j:plain


BB取付
f:id:QUIETMOMENT:20170628013544j:plain


クランク取付
f:id:QUIETMOMENT:20170628013602j:plain


ディレイラー取付
f:id:QUIETMOMENT:20170628013618j:plain


タイヤ取付。前後ホイールともにクリアランスは23cでこれくらい
f:id:QUIETMOMENT:20170628013633j:plain


前回、洗浄&養生したチェーンを取付
f:id:QUIETMOMENT:20170628013653j:plain


ケーブルはホワイトカラーをチョイス
f:id:QUIETMOMENT:20170628013708j:plain


ロングライド時の手にかかる負担を減らす為、ホームセンターで3mm厚の防振スポンジを買ってきました。
これをバーテープの下に仕込みます。実験的にやってみたけど、これが効果絶大だった!
f:id:QUIETMOMENT:20170628013731j:plain


組み上がりました!
f:id:QUIETMOMENT:20170628013744j:plain


翌日80kmほど実走f:id:QUIETMOMENT:20170628013804j:plain
型落ちモデルのデッドストックですが、未使用なのでピカピカです。


今まで乗っていたSCOTT号がエントリーモデルのアルミだったので、カーボンのキメラの漕ぎ出しが軽いのは言うまでも無いですが、明らかに違いを感じたのは37~40kmくらいになると、追い風でもないのに背中を押されるような軽快な感覚を感じた。登坂でもシッティングでグングン進む。

キメラはFEM解析でどうのとか色んな記事に書いてあるけど、カーボンマットは積層なので部位によって繊維の方向も違うし、エポキシの含有量、焼き加減で強度も変わるだろうから、どこまで条件や特性を再現して解析できているのかしら。


衝撃吸収においては、フレームでだいぶ緩和されていますが、ハンドルに仕込んだ防振スポンジが快適性を向上してます。
f:id:QUIETMOMENT:20170628014206j:plain




にほんブログ村